PR

はじめての北海道ツーリング・北海道で走る方法

※当サイトはアフェリエイト広告を使用しております。
beginner hokkaido

いつかは走りたいと思っている北海道。

今年は絶対行くと決めて計画を始めたけど、日数や費用について悩むライダーさんもいるのではないかと思います。

基本的に北海道ツーリングをする方法は4パターンありますので、ひとつひとつ確認していきましょう。

スポンサーリンク

北海道ツーリングを計画するには「休暇日数」がポイント

この記事では、北海道ツーリングを計画する時のポイントを知ることができます。

北海道ツーリングへ出かけるにはそれなりに休暇が必要です。

お隣の青森県ライダーの皆さんなら1泊2日で可能だと思いますが、関東以南からは長距離フェリーの往復2日間を考慮しないといけないので最低でも5日は必要ではないでしょうか?

北海道で走る方法は4つ・まずは休暇日数から考える

北海道ツーリングするうえで基準となるのは「休暇日数」です。予算も考えなければいけませんが、「来年北海道へ行くぞ!」と決めたらそれなりに貯金始めますよね?なので基準は「休暇日数」で考えましょう。

休暇がたっぷりあるライダー向け・「定番」長距離フェリー

みなさん北海道ツーリングのイメージはこの方法ですよね?

はっきり言ってこれが出来れば一番いいのですが、休暇がそれほどない方にとっては悩みどころです。

予算はあるが休暇がないライダー向け・愛車と飛行機で行く

去年から貯金もして予算は充分ある・・でも休暇が少なくて悩んでいる方は、飛行機で愛車と共に行く方法があります。ちょっと手続きは他よりも大変ですが、飛行機なのであっという間です。

東北ライダーさん向け・自走+青森・大間港からフェリー

この方法は住んでる地域にもよりますが、東北ライダーさんはこの方法で来る方が多いのではないでしょうか?関東以南のライダーさんには、ちょっとおすすめできません^^;

休暇も予算もあまりないライダーさん向け・レンタルバイクで走ろう!

愛車にこだわらなければレンタルバイクがあります。忙しく予算もそれなりにしかないという方にはおすすめです。

北海道各地にレンタルバイク屋さんはありますが、ちょっと駅から離れている場合が多いです。千歳空港やJR札幌駅周辺が便利かもしれません。

レンタルバイクに関してまとめた記事がありますのでそちらを参考にしてください。

それぞれのメリットとデメリットは?(参考)

十分な休暇があれば定番の長距離フェリーがおすすめできますが、そのほかは悩みますよね?「費用が高い安い」と言っても人それぞれの感覚となってしまうので一概に比べられません。

なので「筆者の主観」ですが^^;それぞれのパターンを比べてみました。

手続きが簡単と言うのはフェリー乗り場の手続きなどの事です。

まとめ

はじめての北海道ツーリングは不安だらけだと思います。少しでも役に立てればと思い記事にしましたが、北海道ツーリングはある意味冒険みたいなものです。どのパターンにも該当しないようであれば無理をした計画をせず、来年に延ばすことも視野にいれて検討しましょう。

(目次へもどる)

コメント

タイトルとURLをコピーしました